借金世界のサバイバル

病気休職中に株やFXで損失を出して、気がつけば借金は900万円→800万円!コツコツ返済して行く過程を公開していきます

日常blog

証明写真を撮ったら疲れがにじみ出ていた。

投稿日:

借金の返済に毎日頑張っているタイチです。

今は、契約社員としてヘロヘロになるまで仕事をしていますが年齢も年齢のために正社員になるために虎視眈眈とチャンスを狙っています。

先日、お盆休み中に履歴書用の証明写真をカメラ屋さんで撮影して来たのですがその出来が非常に残念な顔でした。

出来上がった写真を見てがっくり

いつも証明写真を必要とするときはその辺のコンビニなどにあるセルフの証明写真機で撮影しています。

がしかし、今回は人生を左右するかもしれない40代前の人生最後の履歴書になるであろう証明写真なので少し奮発してカメラ屋さんできちんと撮ってもらおうと意を決して予約をしました。

値段は3,000円とセルフに比べると4倍弱の値段。私にとってはとても高く感じたのですがキチンと撮影してられるのであればそれで良いと思っていました。

撮影を担当してくれた方は50代のオッさんで何をするにも業務的でこちらの要望を聞かずにとりあえず撮るだけ、セルフのシャッターが人に変わっただけの印象で、とにかく早く終わらせて帰らせたい雰囲気が満載でした。

写真を選ぶときにももう少し笑顔に近い感じに撮り直して欲しいと言ったのですが、

「皆さんこんなもんですよ」

のひと言。こちらも使えていたのでしばしば帰ってきたのですが、家で改めて写真を見てみると疲れ顔の私が。老け顔の疲れがにじみ出ている私がいました。

写真を盛ってくれとは言わないのですがもう少しふつうに撮って欲しかった。

高い勉強になりましたが、二度と今回撮ったカメラ屋さんには行くことはないでしょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しております。

応援していただけると借金返済の励みになります!
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

おすすめ記事と広告



-日常blog
-

Copyright© 借金世界のサバイバル , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.