借金世界のサバイバル

病気休職中に株やFXで損失を出して、気がつけば借金は900万円→800万円!コツコツ返済して行く過程を公開していきます

借金返済blog

日雇バイトに感情はいらない!

更新日:

先週の土曜日は昼過ぎから風が吹き始め、引越しのバイトとしては気候的な条件は決して良いものではありませんでした。

普段の本業は終日会社から出る事も少ないので外で仕事をする事はとても気持ちが良いものでした。

一緒に働いた社員さん達への不愉快さを除けば最高でした。

では社員さん達の何が私を不愉快にさせたのか?

スポンサーリンク

想定外のレベルの低さ

日雇バイトに行くので私としても年下からヤイヤイ言われる事は想定していました。

もちろん本業ではありませんし、多少の経験があったとしてもその企業の独自ルールなども分かりませんからその都度指摘される事も想定していましたし、わからない事はすぐに確認をしていましたし。

問題はそんな事ではありませんでした。

私と一緒に働いたのは社員さん2名。50代のおっさんと、18歳の子持ちギャル。

異色の組み合わせです。

自己紹介の時に自分の子どもの話をした時におっさんも子どもがいると。そこまでは何も違和感はありません。50代のおっさんなら子どもの1人や2人はいてもおかしくありませんでした。

その後ギャルも子どもがいると!まぁ偏見ではないですが、18歳でも子どもがいる場合もあるでしょう!

その後に言った一言に私は仰天しました。

何と父親は私の隣に居る50代のおっさんだと!

まさかと思って夫婦なんですか?って確認したら違う。別に旦那がいる。でも父親はその人って言っておっさんを指差している!

おっさんはヘラヘラしながら

「そうなんだよね〜!俺、いろんなところに子どもがいるんだよね〜!」

そこからはこの人たちの価値観を理解する事は私には難しいと悟り、感情を無にしてひたすら時間が経つのを待っていました。

その後、もおっさんとギャルはお客様の悪口とかトラックの中で私を挟み会話をしているので借金がある私が言うのも何ですが、世も末だと感じました。

早く私自身がどん底から這い上がらなくては私の子ども達がこんな環境に放り込まれてしまうと感じ恐怖を感じました。

かなり大手の引越し屋ですがコンプライアンスなんてあったものではありませんでした。

もう私自身が引越しをする時にはもう2度とその会社に頼むのは止めようと切に思いました。

バイトは働いているときはただのバイトですがひとたびバイトを離れると顧客になりうる人なんだと言うことをあの人たちは理解していないんです。

たかだかバイトですがコンプライアンスがしっかりした企業でのバイトをしたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しております。

応援していただけると借金返済の励みになります!
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

おすすめ記事と広告



-借金返済blog

Copyright© 借金世界のサバイバル , 2018 All Rights Reserved.