借金世界のサバイバル

病気休職中に株やFXで損失を出して、気がつけば借金は900万円!コツコツ返済して行く過程を公開していきます

私も他の方の借金系のブログなど結構読ませていただくのですが、私以上に壮絶な方がたくさんいますね。。こちらから読む事ができますので、興味があれば確認してみてください。
借金・借金苦ランキング

借金返済blog 日常blog

4月に申請していた就学援助制度認定結果の通知が来ました。

投稿日:

こんにちは!

借金返済の為、副業での収入アップの方法を模索したり、節約して支出を削減したりして何とか借金の返済するためにお金をやり繰りしています。

 

現在、小学生の子がいる我が家は何かと学校関係でお金がかかっており悩みの種でした。支払いが滞ると学校で何かを言われいじめにつながってしまうのではないかという恐れから、優先して支払いをしていました。

 

ですが、3月の東京への引越しをするにあたり、いろいろな助成・補助金などを調べていたら
【平成29年度就学援助制度申請のご案内】
というものがあることに気が付き申請をしました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

就学援助制度の概要

この制度の概要を紹介します。
対象者の認定基準がそれほど厳しくないので、認定される人はかなりいるように感じます。

就学援助の実施主体

学校教育法第19条において,「経済的理由によって,就学困難と認められる学齢児童生徒の保護者に対しては,市町村は,必要な援助を与えなければならない。」とされています。

就学援助の対象者

a.要保護者

生活保護法第6条第2項に規定する要保護者(平成26年度 約14万人)

b.準要保護者

市町村教育委員会が生活保護法第6条第2項に規定する要保護者に準ずる程度に困窮していると認める者 (平成26年度 約135万人)  【認定基準は各市町村が規定】

要保護者等に係る支援

補助対象品目

学用品費/体育実技用具費/新入学児童生徒学用品費等/通学用品費/通学費/修学旅行費/校外活動費/医療費/学校給食費/クラブ活動費/生徒会費/PTA会費

就学援助制度について(就学援助ポータルサイト):参照

という制度です。

実際に我が家が住む市区町村では

  • 学用品通学用品費(11か月分)
  • 郊外活動費(遠足など)
  • 新入学学用品費
  • 給食費
  • 医療費
  • 卒業アルバム代
  • 修学旅行移動教室参加費

の支給がされます。

 

就学援助の対象基準での我が家の対象項目は

我が家が対象として当てはまるのではないかと申請を決定づけた項目が

【平成28年1~12月の世帯総収入金額が生活保護法の基準の1.5倍未満】

という項目があったからです。

上記項目は持ち家か賃貸かで基準金額が変わり、世帯人数も加味されます。その基準に照らし合わせたところ明らかに該当する事が分かり、申請をしました。

 

申請に必要な物

住んでいる市区町村によっても必要な書類は違うでしょうが、私が申請した時に必要だったものは

  • 就学援助受給申請書
  • 昨年1月~12月の収入額が分かる資料(世帯全員の源泉徴収票・給与明細・確定申告書の控え等)
  • 家賃の金額が証明できる書類(最新の賃借契約書等)

を役所に提出してあとは認定結果を待つだけです。

 

結果として

我が家はみごと認定

今年は一人分ですが、来年はもう一人小学校に入学します。来年もおそらく認定されるのではないでしょうか!
なぜなら、今約束されている今年の年収が明らかに基準内だからです。

二人分の学校にかかるお金が支給されるとしたらそれは非常に家計にプラスです。小学校は義務教育ではありますが何かとお金がかかるので家計を安定させるための非常に素晴らしい制度です。

給食費を滞納して子供に恥ずかしい思いをさせなくて良くなったので、とても安心です。

 

小学校にかかっていたであろう金額を借金の返済に回すことにより借金の返済を加速させていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ランキング

ランキングに参加しています。
借金返済の励みになりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

-借金返済blog, 日常blog

Copyright© 借金世界のサバイバル , 2017 All Rights Reserved.